子供 落ち着きがない 原因

 

子供って、落ち着きがないってよく言われますよね。

 

あなたのお子さんも落ち着きがないと思ったことはありませんか?

 

ある研究データで、子供の落ち着きがない年齢を調査したところ、1歳や2歳、3歳、4歳、5歳、6歳、7歳、8歳、9歳、10歳ぐらいまでに多いそうです。

 

特に、幼稚園や小学生の低学年に多く、発達障害や遺伝が原因ではないかとも噂になっています。

 

実は私の子供も5歳なんですが、幼稚園の先生から「お子さんは落ち着きがないですね」とか、
「暴力的で言うことを聞かないので困っています」などと言われて悩んでいました。

 

私も、幼稚園での行事や参観日に行った際に、子供のそんな姿をたくさん見ていましたので、
自宅に帰ってから何度も注意しましたが治りません。

 

そこで、子供の落ち着きがない原因や理由は何なんか?どんな対処法があるのか?などを、
色々とネットや専門書で調べてみました。

 

その結果、ある対処法に効果がありました。

 

今では普通の子供と同じように落ち着いていますので、
私が調べた原因や理由とともに、その対処法を参考にしてもらったら良いと思います。

 

子供の落ち着きがない原因や理由とは?

 

子供 落ち着きがない 原因と理由はこれです。

 

子供の成長には個人差がありますが、保育園から小学校に入るぐらいの年齢では、
落ち着きがないのはよくあることだそうです。

 

ただし、発達障害や多動症、知的障害などの原因も考えられるそうです。

 

最近では、ADHD(注意欠如・多動性障害)の子供も増えているそうです。

 

ちなみに、日本人の人口の約3%はADHDだと言われていて、33人に1人の割合でADHDなのだとか。

 

その場合、病院の小児科を受診して、お医者さんのアドバイスを受けたほうが確実です。

 

私の子供も小児科の先生に一度診てもらいました。

 

その結果、病気や障害、遺伝などではないと言われ、ホッとしました。

 

小さい子供というのは、自分で上手く感情をコントロールすることができません。

 

つまり、自分が思っていることが周りに伝わらないため、落ち着きがない行動となっているそうです。

 

 

子供の落ち着きがない行動への対処法とは?

 

子供 落ち着きがない 対処法はこれです。

 

両親の厳しいしつけや体罰などの育て方は、止めたほうがいいとお医者さんから言われました。

 

その理由は、子供が萎縮してしまい、成長の妨げになるからだそうです。

 

一番いいのは、子供が何を思っているのか、何を伝えたいのかを、
お母さんやお父さんが我慢強く見守りながら対処して行ってほしいとお医者さんに言われました。

 

確かに、1歳や2歳児なら物事の判断能力もないから、
悪いことをしたら叩いてでも「これをやったらダメだ」ということを分からせることも必要だと思います。

 

しかし、5歳にもなると、ある程度の判断能力はあるので、
体罰によるしつけは逆効果だと言うお医者さんのアドバイスもわかるのですが・・・

 

結局、現実問題としてどうすれば良いのか、具体的なアドバイスはありませんでした。

 

 

そのため、ネットで対処法を色々調べている内に、それに特化したサプリがあるのを見つけました。

 

それが、コドミンというサプリです。

 

コドミンを飲むようになってから子供が落ち着きを取り戻した感じです。

 

コドミンに配合されているホスファチジルセリンという成分は、
子供の落ち着きや集中力、記憶力などに効果があると言われています。

 

ホスファチジルセリンは大豆にも微量ですが含まれています。

 

そんなホスファチジルセリンが、コドミン1粒に大豆3.3kg分も配合されているそうです。

 

私はもう藁にもすがる思いでしたので、早速注文して子供に飲ませてみました。

 

夫は半信半疑でしたが、薬ではないので安心だし、
子供もラムネの味がして美味しいと言ってポリポリと噛んで食べてくれました。

 

最初の1か月くらいは、そんなに目立った変化はなかった感じでした。

 

それが、2か月の終わり頃から、子供に落ち着きが出てきたようで、
幼稚園の先生にも褒められるようになりました

 

自宅にいる時でも、以前だとわけも分からずギャーギャー騒いでいたのが、
今ではおとなしく一人でテレビや絵本を見たり、おもちゃで遊んだりしています。

 

どうやら、コドミンのサプリが効いてきた感じでホッとしています。

 

 

>> コドミンの公式サイトはこちら